ライトワーカーが孤独を感じる理由について


ライトワーカーとして地球にやってきた人々は、自身の孤独感に向き合わなければならない時が必ず来ます。

それは辛く苦しいものであるかもしれません。

しかし自身を理解し、使命に関する活動を行うことによって、孤独の価値を知ることになります。

自分にとっていかに孤独の時間が大切なのか、そして孤独によって得られるものの重要性を理解することができるでしょう。

ライトワーカーが孤独を感じる理由

人類や地球を守るという使命を担っているから

一般的に魂は各々の目的を持ってこの地球に生きています。

忍耐や誠実さ、人を許すことを学ぶ者や、自分自身を癒すためという目的を持った者もいることでしょう。

ライトワーカーと呼ばれる魂たちはこのような個人の目的のほか、人類や動物、地球を守るという目的を合わせ持っています。

つまり自分のためよりも他人のために生きようとするのです。

その姿勢が他の人々との違いとなり、孤立感を生むのです。

地球外からやってきた魂だから

ライトワーカーとしての使命を持っている魂は、地球外の星からやって来ました。

地球は彼らの故郷ではありません。言わば、出張としてこの星にやって来ているのです。

そのため、なんだかわからないけどホームシックを感じる、自分の故郷に帰りたいと強く感じる人もいることでしょう。

しかしそれは当然のことなのです。

このようなバックグラウンドがある以上、地球で孤独を感じるのは避けられないことかもしれません。

人に理解されにくいから

ライトワーカーたちは基本的に五次元の思考を持ってこの世界にやって来ました。

彼らの判断や行動指針などは五次元の思考に基づいて行われているため、時として人々の理解を得られません。

本来ライトワーカーたちは人々の意識を三次元から五次元に引き上げるためにこの地にやって来ているのです。

理解されないのは当然であり、理解されないからこそ人々を啓蒙し意識を高めていく必要があるのです。

皆といつも一緒にいられないから

知り合いや友だちが四六時中誰かと一緒にいることを羨ましく(うらやましく)感じる一方、自分にはそれが難しいと感じることがあると思います。

ライトワーカーは一人でいる時間に、他人と自分を区別し、自分の中に溜まったネガティブな感情を消化していきます。

つまりライトワーカーは一人でいることで自身を充電できるのです。

なんでみんなみたいに常に人と一緒にいれないのだろうと思い悩むこともあるかもしれませんが、それがあなたの充電方法なのです。

自分への理解が深まるにつれ、孤独を受け入れられるようになる

今は孤独を辛いもの、苦しいものと感じるかもしれません。

しかしライトワーカーとしての目覚めを経験し、自身の理解が深まるにつれ、ありのままの自分を受け入れられるようになります。

自分には孤独の時間が必要であり、他人と違うことは自分の個性でありオリジナリティであると認められるようになります。

その頃にはむしろ積極的に孤独の時間を取り入れているかもしれません。

他の人と同じである必要はないのです。

他の人と比較するから、孤独が辛いものになってしまうのです。

自分の価値を認め、その役割を知った時、孤独に対するあなたの向き合い方は変わってきます。

孤独に対するネガティブな思いから解放されるために、まずは自分への理解を深めることから始めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です