ライトワーカーは過酷な人生を選ぶって本当?

ライトワーカーは大きな使命を持って生まれてきた魂です。

地球上では一人の人間として、他の人と同じように人生を歩んでいきます。

彼らの人生は、”過酷”と表現されることもありますが、それは彼らにとって欠くことのできない経験なのです。

ライトワーカーの人生の歩み

ライトワーカーは人生初期において、この世界にある苦しみを学びます。

人によってその内容は様々ですが、孤立や孤独、人に理解されない悲しみなどを経験する場合が多いようです。

社会のルールに反発を覚えつつも、社会に馴染めない自分にも怒りを覚える。

外の世界だけでなく、自分に対しても失望するような時期が続きます。

学校でいじめにあったり、孤独を感じるような家庭環境に育つなど、三次元にある恐れや悲しみを体験していきます。

辛い人生の先にあるもの

ライトワーカーにとって、このような辛い時期は試練になります。

しかし彼らはその悲しみから立ち上がり、その経験を乗り越えていくのです。

ありのままの自分を認め、どんな状況でも希望を見出せることを学んだライトワーカーたちは、その経験を基に世界に貢献していきます。

この世界では多くの人が現実という幻想に苦しみ続けています。

ライトワーカーは一人でも多くの人々を悲しみから救うため、人々の感じている苦しみを経験するのです。

そして人々が自分と同じように辛い経験を乗り越えられるようサポートしていくのです。

辛い時期はライトワーカーに欠かせないもの

ライトワーカーがこの星で使命を果たすために、辛い経験は欠くことができません。

辛い経験があるからこそ、彼らは人の気持ちを理解し、人の役に立てるのです。

人類を救う武器を得るために、辛い時期を経験するといってもいいでしょう。

どんなに厳しい境遇にあっても、ライトワーカーは必ず乗り越えることができます。

翻す(ひるがえす)と、乗り越えられないものが与えられることはないのです。

過酷だと感じても、やがてそれはライトワーカーの血肉となり、大きく羽ばたくための力となります。

どんな試練がやってきても必ず乗り越えられると信じ、多くの人に貢献できる未来を夢見ていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です